So-net無料ブログ作成
検索選択

Skypeの買収価格は高いか? [ベンチャー投資]

eBayによるSkype買収はどうやら本当だったようだ。買収総額は26億ドルだというが、今日はこの値段について考えてみたい。財務的な話しが中心になります、ご容赦を。またまたSkypeネタですみません。

Skypeの主力商品は無料で高音質な電話システムで、契約者数が54百万人、今年の売上見込が60百万ドルだという(以下、百万をMで表記)。会社の買収額$2,600Mを売上高$60Mで単純に割り算すると43倍となる。つまり、現在の売上高の43倍の価格で買収したことになる。ぱっと見では法外な値段に見えるが、これをどう評価したらいいだろう?

考えられる鍵の一つは将来のキャッシュフローの潜在力、もう一つはeBayにとっての顧客獲得コストではないか。

まず、Skypeが今後どの程度のキャッシュフローを生むか試算してみよう。

私自身Skypeを愛用しており、米国に住んでいるので日本とのやりとりには専らSkypeを使っている。私の周りではSkypeユーザはそれ程多くないので、Skypeから固定電話にかけることになる。通話の品質は落ちるが、それでも通常の電話に比べるとコストが圧倒的に安く、正確なところはわからないが1時間話しても通話料はせいぜい1ドルぐらいの感覚で使っている。半年前に購入したSkype-Outのチケットはまだ3ドル分ぐらいしか使っていない。ヘビーユーザになれば年間に10ドルぐらい使うこともありえなくない。こうした実際の体験を踏まえると、全Skypeユーザの10分の1の人が、Skype-Out等で年間にSkypeに10ドル使う、というのは十分ありえるシナリオだと思う。

実際、現在のユーザ数54M人×1/10×$10 = $54Mとなって、今年の売上高である$60Mに近い数字が出てくる。

Skypeが今後、世界で2億人(200M人)のユーザを獲得したとしよう。このとき、売上高はざっくり言って200M人 × 1/10 × $10 = $200M(2億ドル) となる。このうち約半分が諸経費等に使われるとして、毎年$100M(1億ドル)のキャッシュフローが生まれる計算だ。今回の買収額である$2,600Mはこの毎年生まれるキャッシュフローの26倍、つまり26年分となる。ちょっと乱暴だが、この程度のPERはよくある数字なのでそれ程割高とも思えない。

Skypeユーザが2億人になる日が来るかわからないが、全ブロードバンドユーザの何割かがSkypeユーザになりえると考えると、ありえない数字ではないと見る。

次に、eBayの顧客獲得コストの観点で見てみよう。

買収金額が$2,600M、現在のSkypeユーザ数は54Mなので、他の要因を一切無視すると、eBayはSkypeユーザを一人当たり $2,600M ÷ 54M = $48ドル で買ったと見ることが出来る。1998年、インターネットバルブ初期のドットコム企業の平均顧客獲得コストは約33ドルだったという。これがピーク時の99年には71ドルになったようだ。さすがにこのコストは高すぎて、これが原因となって破綻したドットコム企業も多かったようだ。そうしたことを考えると、現在の会員数を元に計算した48ドルという数字は少々高めではある。でもこの数字は先に述べた将来のキャッシュフローの影響や今後の顧客獲得の潜在力などを加味していない。

上記の二つ、つまり将来のキャッシュフローや顧客獲得コストをあわせて考えると、26億ドルという数字は決して高いものではない気がしてくる。

前提として下記を満たさないとならないだろう。

  • 将来、億単位のユーザーを獲得できること
  • ユーザー1人あたり年間1ドル(10人あたり10ドル)消費してくれるよう商品力を高めること
  • Skypeユーザのうちの何割かがeBayの新規ユーザになってくれること

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

hiro@米国IT企業社長ブログ

米国IT企業社長ブログのHiroです。こんにちは。当方の「ebayのスカイプ買収」記事にもコメント・TB頂きまして、ありがとうございました。

さすがにVC本職の方らしい、数字をつかった詳細で説得力のある検証。とても参考になりました。今回のお買い物を高いと見るか、安いと見るかは、今、世界中のVCの方々の興味のあるところだと思いますが、いろんな見解がブログで簡単に知れるのは、本当に素晴らしい事ですね。

今後も立ち寄らせて頂きますので、よろしくお願いします。
サンノゼに行くときには、是非ご挨拶させてください。
by hiro@米国IT企業社長ブログ (2005-10-11 14:56) 

キャピタリストの日記

Hiroさん、コメントありがとうございます。
お近くにお越しの際にはご連絡下さい。
今後ともよろしくお願いします。
by キャピタリストの日記 (2005-10-12 09:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。