So-net無料ブログ作成

Appleの時価総額がMSを超えた [投資一般]

Appleの勢いが止まらない。メディアはどこもかしこもiPadで持ちきりだ。関連する電子書籍業界も騒がしくなってきた。当然、その震源地はAppleだ。

Appleは株価も熱い。先週、Appleの時価総額がMicrosoftを超えたそうだ。Yahoo Finance (US)で両社の時価総額をチェックしてみると確かにそうなっている。

(as of 5/28/2010)
VALUATION MEASURESAppleMicrosoft
Market Cap (intraday)5:233.74B226.11B
Enterprise Value (May 30, 2010)3:210.59B194.92B
Trailing P/E (ttm, intraday):21.7813.37
Forward P/E (fye Sep 26, 2011)1:16.5811.12
PEG Ratio (5 yr expected):1.171.47
Price/Sales (ttm):4.513.83
Price/Book (mrq):5.864.98
Enterprise Value/Revenue (ttm)3:4.123.27
Enterprise Value/EBITDA (ttm)3:13.327.72
Profitability 
Profit Margin (ttm):21.15%29.03%
Operating Margin (ttm):29.38%38.43%
Management Effectiveness 
Return on Assets (ttm):18.72%18.60%
Return on Equity (ttm):33.97%41.83%
Income Statement 
Revenue (ttm):51.12B59.54B
Qtrly Revenue Growth (yoy):48.60%6.30%
Gross Profit (ttm):17.22B46.28B
EBITDA (ttm):15.80B25.25B
Net Income Avl to Common (ttm):10.81B17.29B
Diluted EPS (ttm):11.81.93
Qtrly Earnings Growth (yoy):89.80%34.60%

両社の財務内容を細かくみてみると、売上、利益では引き続きMSの方が大きいが、売上高成長率、利益成長率が圧倒的にAppleのそれが大きい。iPod, iPhone, iPadと次々にヒットを出しているAppleのこと、今後も更なる成長を織り込んだ株価ということだろう。

ちなみに、Apple、Microsoft、Googleの各社の過去5年間の株価推移をみると、Apple(青線)だけが突出して延びていることが分かる。Google(緑線)が上昇率約100%(株価2倍)、Microsoft(赤線)はほとんど上昇してない。


5years

 もう少し長い時間軸で見てみよう。

各社が上場してからどの程度株価が上昇したかをグラフにするとこうなる。


Fullyear

青線がApple、赤線がMS、緑がGoogleだ。Appleはすでに80年代前半から上場していたらしい(初代マッキントッシュの発売は1984年!)。MSは80年代後半だ(80年代にMS-DOSが出たばかりの頃、MSはIBMに出入りしているソフトウェア会社に過ぎなかった)。

株価の上昇カーブを見ると、各社の歴史が垣間見れる。90年代半ばにWindowsを発売して株価がどんどん上昇するMS。ピーク時の2000年には公開時に比べて約500倍まで株価が上昇した。しかし、2000年以降は時代の流れがソフトウェアからWebの方向にシフトしたこともあってか目ぼしい活躍も見えず、株価はほとんど変わらない。

Appleは90年代にWindowsに押されて株価がジリジリと低迷し、98年には危機的な状況となった(株価は公開時とほぼ同程度まで下落!)。このとき、独占禁止法の絡みでAppleの破たんを警戒したMicrosoftが、Appleに出資して支援し、Appleはこれで九死に一生を得た。その後、iPod、iPhoneなどの爆発的ヒットにより株価は急上昇中、公開時から100倍の水準まで来ている。もしMSがAppleの株式を今も持っていれば、会社の資産上昇に大きく貢献したはずだ。

Googleは2005年の株式公開以来、2008年にピークに達し、現在もその水準をキープしている。Googleの場合には上場時の時価総額が高かったので、その後の伸び代が少なかったともいえるが、Web系企業は従来のハードウェアメーカー(Apple)やソフトウェアメーカー(MS)に比べて会社の成長時間が短いのかもしれない。

世間はまだリーマンショックから完全に回復しておらず、ギリシャに伴う新たな金融の混乱や政治の混乱など、閉塞感でいっぱいだ。そんな中のAppleの力強さは目を見張るものがある。

どうしたらこの力強さを日本で実現できるのか、そんなことを考えてみたいものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。