So-net無料ブログ作成
検索選択

大賑わいのiPad [ネット]

Ipad  この週末、米国でいよいよiPadが発売され、メディア各誌で大きく取り上げられている。私自身もiPadには大いに期待しており、今後どのような発展を遂げていくか注目したいところだ。

KPCBのJohn Doerrが「iPadは世界を支配する」と言ったそうだ。少々引用させてもらおう。

引用: Kleiner Perkins’ John Doerr: iPad ‘will rule the world’

... Kleiner partner John Doerr sounded especially excited about the device, claiming that it will “rule the world.”
“I hope I can sleep with it Saturday night,” Doerr said. “It feels gorgeous. It is not a big iPod. It is a very big deal.”

The iPad will spur a “third renaissance in software,” he added. It’s a completely different kind of interaction, with interactions moving from  WYSIWYG interfaces, where “what you see is what you get,” to WYTIWis, where “What you think is what is” ? he didn’t offer too many details about the difference, but the idea is that the iPad is even more intuitive than previous interfaces.

John Doerrによると、iPadは「第三のルネッサンス」であり、WYSIWYGの世界からWYTIWisの世界、つまり「ディスプレイで見たとおりに処理される」世界から、「直感的に思ったことがそのまま処理される」とでもいうべき世界を提供するツールだとしている。マニュアルに頼らず、直感的にしたいと思ったことがそのまま実現されることがiPadの本質だという意味だろう。単なる電子書籍にとどまらず、ITのあらゆる場面で使える普遍的なデバイスになりうる、というようなことだろうか。

日本では著作物の権利関係の調整が手間取っているようでiPadが普及するかどうか微妙なところだという。旧態依然とした権利関係を引きずったままでは世界からますます取り残されかねない。産業構造、社会構造そのものを変えていくような新たな動きを起こしていきたいものだ。


Google Waveは電子メールを置き換えるか [ネット]

Google_wave_logo_184x138 Googleが新サービスGoogle Waveを開発者向けに発表した。電子メールを置き換える可能性を秘めサービスとして注目される。



Googleは5月28日、San Franciscoで開催中のGoogle I/OにおいてGoogle Waveの概要を発表した。その発表の模様はこちらで視聴することができる。興味ある人は英語の訓練も兼ねてぜひビデオを見てみよう。



私なりの理解で言えば、Google Waveは「相手を特定したチャット」みたいなものでTwitter的だ。いかにもGoogleらしいアプリといえそうだ。



メリットはこんなところにありそうだ。



  • あらかじめ登録された人とのやり取りしかできないようになっている。宛先を間違えてメールを発信したり、情報漏洩といった心配が解消される(軽減される)。
  • リアルタイム(チャット)でも時間差(メール)でもどちらでもコミュニケーションできる
  • スパムメールが来ない。ウィルスも来ない。
  • 発信したメールを取り消すことができる(ればいいが、、、、)


そもそも電子メールはインターネットの初期の頃から使われていた基本的なツールだった。90年代頃まで、電子メールは基本的に「ベスト・エフォート」に基づくなサービスで、つまり「配達が遅れたり、場合によっては届かないこともある」ということを前提にしたシステムだった。完璧さをあきらめることでシステムが簡素で済むようになり、安価なサービスの提供が可能となって爆発的に普及したわけだ。



その後、電子メールはビジネスマンのコミュニケーションツールとして電話と同じくらい重要になり、もはやビジネスに欠かすことの出来ないインフラとなった。もうベストエフォートなんて言っていられない。しかしながら、人が異動するたびにアドレスが変わってメールが届かなくなったり、ウィルスやスパムに悩まされたりと、運用面で何かとコストがかかるものになってきたもの事実だろう。



今回のGoogle Waveは、そうした電子メールの様々な負の側面をカバー出来そうなものとして注目される。Google WaveはAPIを公開するらしいから、メジャーどころのISPやWeb Mailを提供している会社がAPIを介してつながることができれば、新しいコミュニケーションの方法として発展する可能性がありそうだ。



まだサービスは開始されていないが、今後の動向に注目したい。


Gmailの「メール取り消しボタン」 [ネット]

GoogleGmailに「メールの送信を取り消せるボタン」が付くらしい。こいつはいい。

New in Labs: Undo Send

メールを送ったあとに「しまった」と思うことって結構ある。誤植が見つかったり、冗長な言い回しであることに気づいたり、最悪なのは日本の方にメール送る際に苗字の漢字を誤変換したまま送ってしまうケース。。。



メールを送る前に細心の注意を払えばそういうことはおきないのだが、毎日多くのメールをやり取りしていると上記のようなことが起きてしまうわけだ。



そんなわけでGmailの"Undo"ボタンは使えそうだ。メールを送ったあと、「5秒以内」であれば取り消しできるらしい。個人的には1分ぐらい待ってくれてもいいように思うが、とりあえず「しまった」と思った瞬間に取り消せば何とか間に合いそうな時間ではある。



日本語版Gmailではまだ対応がなされてないようだが、早期リリースに期待したい。Gmail以外のメーラーでも似たような機能が出てこないものか期待している。



Undo_send_3


Google Healthを公式発表 [ネット]

2月末、GoogleのEric Shumidt氏が公式の場で初めてGoogle Healthについて言及した。Google Healthは長いこと(2年以上?)開発が進められてきたが、ようやく正式にリリースするところまでこぎつけたようだ。Google Offcial Blogのエントリーを引用しよう。

Google Health, a first look 2/28/2009

... Eric's keynote marks the first time we've talked publicly about the product we've been designing and building. His talk also offered a deeper view into our overall health strategy.

このGoogleのOfficial Blogによると、Google Healthは下記の点がポイントらしい。



    1. Privacy & Security: 社内の諮問委員会 "Google Health Advisory Council"のもとでプライバシーポリシーを作成し、プライバシー確保に細心の注意を払う。
    2. Platform: 3rd Partyのサービスと連携しやすいプラットフォームを目指す。
    3. Portability: どこからでもアクセスできる。
    4. User Focus: 誰でも使いやすい。


上記のポイントはどれも重要なポイントだ。扱うものが個人の健康データだけに、漏えいでもしようものなら大変なことになる。そうしたセキュリティを確保した上で、利便性を提供しなければならない。なかなか大変だが、効率的な健康のモニタリング、適切な医療サービス、効果の高い薬の提供、ひいては医療費削減や副作用の低減など、至れり尽くせりのポテンシャルを持つ事業だ。Googleには大いに期待したいところだ。



ところで、こうしたネットによるヘルスケア・サービスのことを「ヘルス2.0」というらしいが、こうした事業を日本で展開することについては懐疑的な意見もあるようだ。日経BPのサイトに掲載された記事を引用させていただくと、

「ヘルス2.0で日本企業は失敗する」、その次を狙えと神戸大学の塚本氏 2009年2月27日

(中略)

こうした分野に日本企業は参入していけるのか。塚本氏は,「いつものようなシナリオ」として,次の5点を挙げた。

・単なる後追い,良くあるサービス
・センスの悪いサービス
・業界の厚い壁
・悪い政治の後押し
・失敗に対するネガティブなフィードバックによる破綻

という理由で、日本では難しいとのこと。



確かに医療業界、薬品業界の壁は厚そうだし、厚労省もどこまで乗り気かわからない。薬のネット販売が間もなく禁止されらしいが、そうした国がヘルスケア情報をネット利用することについてポジティブになるまでには相当な障害が予想される。



先の塚本氏は、こうアドバイスしている。

そこで必要になるのが,塚本氏の研究テーマでもある「ウェアラブル」や「ユビキタス」といったキーワードに象徴される実世界への展開であるとする。例えば,体にカメラやセンサを装着して日常生活を情報化することである。例えば,携帯電話機やゲーム,音楽プレーヤーなどと融合させてそれを実現することで,より楽しく生活習慣を見直せるのではないかと指摘した。

確かに、医薬品業界全体を動かすとなると途方に暮れるが、こうした民生品の分野からのアプローチは日本の得意分野だけに現実味もありそうだ。大いに注目したい。


「スケールメリットがすべて」というわけでもない: Expediaの場合 [ネット]

Expedia株式を非公開化するという噂がネット上で報じられている。

引用: Rumor: Travel site Expedia may go private
2009/1/9 VentureBeat誌

この噂の真偽の程は定かではないが、「ネットにおける大企業がスケールメリットを活かせなかった例」になるかも知れず、興味深く思っている。



Expediaは日本ではあまり聞かないが、欧米ではオンラインによる航空券やホテルなどの販売仲介業者として有名な企業だ。



「スケールメリット」は多くの業界に共通する経済原理だが、ネットの世界でもこのスケールメリットの威力は絶大で、大きな企業ほどより強い競争力を持ち続けることができるものだ。Expediaもそうしたスケールメリットを活かせる立場にいた。Expediaの直近の年間売上高は30億ドル(約3,000億円弱)。米国大手航空会社のAmerican Airlineの売上高が240億ドル、UAが207億ドル、Deltaが206億ドルといった水準で、年商ベースでいえばExpediaはAAの8分の1といったところだ。この規模を大きいとみるか小さいとみるかだが、一介の販売会社ながら、重厚長大産業の代表のような航空会社の数分の1程度の事業規模を持つという意味では、大きいと感じる。



そうしたスケールがあれば事業も順調に行きやすいのではないかと感じるが、そう簡単でもないらしい。



実際、株価は軟調だ。1年前の4分の1程度の水準、PERは7倍程度だ。最近の市場環境の影響を受けているとも見れるし、この不景気で航空機の需要も減る可能性は高いだろうから、株価が軟調になるのも無理ないが、年率10%程度で安定的に増収してきた企業にしては安い水準だ。



Chart for Expedia Inc. (EXPE)



また、最近ではExpediaよりも新興のネット販売業者のほうがいいサービスを提供しているようだ。VentureBeat誌の記事を引用すると、



Expedia’s site is from another era, by which I mean the 90s. It’s boring and it hasn’t changed much in recent years. A range of smaller travel sites have sprung up, meanwhile, that offer sophisticated new features for helping people save money on travel. Farecast, for example, predicts future airline ticket prices for trips you’re interested in making (and Microsoft bought it for $115 million).





2006年に拙ブログにて「旅行関連のネット企業が流行っている」と取り上げたことがあって(2006年のエントリー)、旅行サイトとしてViator, Homeaway, Luxury Link, Gusto,,,といったベンチャー企業に投資資金が集まっていると書いた。その後も、Farecast、Kayak、Sidestep、TripITといった企業に対してVC資金が巨額の資金を投じてきたようだ。そうした新興ベンチャーの方が、サービス的にはExpediaよりも上だというわけだ。



ネットの世界でスケールメリットは重要だが、スケールメリットさえあれば未来永劫競争に勝ち続けることができる、というわけではなさそうだ。



米国オンライン航空券市場の動向は今後もまだまだ興味深い。Keep Watchingしていきたい。


特定世代に分化するSNS業界 [ネット]

米国のSNS業界ではMySpaceやFacebookが代表格だが、そうした代表的なSNSサイトは得意な領域がが少しずつ違うらしい。米SNS業界についてレポートが公表されたので見てみよう。

引用: Rapleaf Study of Social Network Users vs. Age

San Francisco, CA - June 18, 2008

Rapleaf conducted a study on 49.3 million people in our database (aged 14-74), looking at social graph information across social networks such as Myspace, Facebook, LinkedIn, and Flickr. The following are some of the highlights of the information extracted:

Rapleafでは49.3百万人のデータを下にSNS業界を分析したようだ。まずは下のチャートを見てみよう。



Sn_usage_age



赤がMySpace、青がFacebook、橙がFlickr、黒がLinkedInだ。FlickrをSNSというかは微妙だが、Socialサービス提供会社という意味では同類だ。



このチャートを見るだけで各事業者の利用者像がわかって興味深い。



たとえば、MySpaceは10代半ば(中高生)がピーク、Facebookは大学生以上、Flickrは20代30代を中心に幅広く分布し、LinkedInでは30代以上となる。MySpaceで入学し、Facebookへと進学、Flickrを楽しみながらLinkedInで社会人デビュー、というような進化が伺えそうだ。



グラフに現れていないところでもいくつかの分析がなされている。例えば、

Across all age groups, we find there are more women on Myspace and Facebook than men. Men, on the other hand, dominate sites such as LinkedIn and Flickr. Along with the community aspects, female dominated sites such as Myspace and Facebook also have photo sharing and networking capabilities. Hence there is a further incentive for women to use these social networks over LinkedIn and Flickr which are more niche. In other words, we think that women are more likely to post pictures and network on Myspace and Facebook than men.

MyspaceやFacebookでは女性ユーザーが多く、FlickrやLinkedInでは男性が多いという。女性ユーザは写真をFlickrではなくMyspaceやFacebookに投稿することが多いらしい。



その他、引用元のサイトにはより詳細な分析や、他のSocial系サイトの分析が載っている。ネット関係者には一見の価値がありそうだ。



All_sn_usage_age


なかなか使えるGoogleTrend [ネット]

Googleというのはいつも新しいサービスを試行錯誤していて面白い。GoogleTrendというものがベータ・リリースされたようだ。特定のサイトがGoogleで「サーチされた件数」をグラフ化してくれる、というサービスだ。



調べたいサイトのトラフィックを直接計測しているわけではないが、「サーチされる件数」をグラフ化することでおよそのトラフィックの「トレンド」を示そうというものらしい。試しに使ってみるとこれがなかなか興味深い。



サイトはユーザが好きなものを指定できる。たとえば、試しにMySpaceとFacebookのトレンドを比較してみたら下記のようなグラフが出てきた。青線がMySpace、赤線がFacebookだ。Index化されているためトラフィックの実数は明らかにされていないが、まさに「トレンド」はよく判る。



Viz グラフだけでなく、使われている国や都市の分布、言語の分布なんてものまで表示される。



先の例では、MySpaceはアメリカやオーストラリアから検索され、Facebookはカナダやイギリスでしばしば検索されるようだ。



そもそもこうした「サーチされた件数」のトレンドが、サイトのトラフィックに連動しているかどうかは明らかではない。でも、「サーチされた件数」は「関心の高さを表す指標」であるこことはほぼ間違いないので、サーチ件数が多いほどそのサイトへの関心が高まっているとは言えそうだ。関心が高まればそれだけ将来のトラフィックも増えると考えるのが自然だ。



「サーチされた件数」はサイトのトラフィックの「先行指数」のようなものではないかと考えている。先行指数というのは、景気判断を仕事としているエコノミストらが景気の先行きを読むために注目する指数、例えば「民間設備投資額」などがそれだ。民間企業が設備投資を増やせば、経験的にそれに引き続いて景気が上向くことが多く、景気そのものに先行する指標ということでしばしば注目される。GoogleTrendがあらわすサーチ件数のトレンドは、こうしたサイトの先行きを見る上で注目されるように思う。



Webサイトのトラフィックは各企業が独自に公表するものしか情報がなかった(ように思う)が、こうした第三者からの情報を得られることで透明性が高まり、分析が容易になる。サイト運営者にとっても利用者にとっても良いことなのではないか。



ところで、試しに日本の代表的なWeb企業であるMixiを調べてみたが、こんな具合のチャートが出てきた(Mixiに対して直接他意があるわけではありません)。



Viz_2 2006年をピークに検索される件数が頭打ち、減少傾向になっているのがわかる。これをどう解釈したら良いだろうか。



まず考えられるのはMixiはメジャーになって久しいため大方のユーザーのPCや携帯ブックマークされている可能性が高く、いちいち検索しているユーザーはもはや多くない、という解釈が成り立ちそうだろう。一方で、Mixiに馴染みのないユーザーが検索エンジンをたたいてMixiを訪問するような件数が減った、違う言い方をすれば(少なくとも検索エンジンからの)新規ユーザーが減りつつある、と言えなくも無い。そもそもMixiは招待性だから検索エンジンから新規ユーザーが来ることはない、という割り切った考え方もあろう。皆さんはどのように思われるか。



最後に、興味深いトレンドを一つ。Google, Yahoo, MSNのトレンドを調べてみた。



Viz3 青がGoogle、赤がYahoo、橙がMSNだ。Googleのサーチエンジンで検索された結果のため、そもそもYahooやMSNへ行こうというユーザがGoogleでサーチするかという問題もあるのだが、トレンドを見るだけでも興味深い。特にMSNのトレンドが。。。。



いづれにしても、GoogleTrendは興味深い分析材料を提供してくれる優れたツールと言えそうだ。


ついにリリース: Google Health [ネット]

Google Healthがベータ・リリースされた。昨年から注目されながら中々リリースされずにいたが、ようやく日の目を見た。Googleにアカウントを持っている人は下記のURLに行ってみよう。

http://www.google.com/health

GoogleHealthの内容は、Health Profile, Medical Record, Online Health Service, Find a doctorからなる。いくつかクリックしてみよう。概ねどういう情報を扱っているのか様子がわかる。



これまでこうした情報は病院毎、薬局毎に管理されてきたものだが、GoogleはこれをWeb化した。いつでもどこからでもその人の医療情報がわかるもののようだ。私は医療の専門家ではないため不案内なのだが、恐らくはGoogle healthを使って治療歴、投薬歴、アレルギー反応を共有化することにより、その人の体質に合った治療をしやすくなるはずだ。



まだ英語版だけだが、日本語化を期待したい。


Twitterって誰が使うの? [ネット]

Twitterトラフィックが伸びているようだ。2月から4月の2ヶ月のうちに2倍になったという。



Twitterは「いまなにしてる?」という質問に短い文章で答えることによって、友だちや家族、職場の同僚とつながり合うサービス。不特定の人とそんなチャットして楽しいの? という素朴な疑問もあるが、論より証拠、トラフィックが伸びているのは間違いないようだ。いったい誰が何に使っているのか?

引用: Twitter Traffic Explosion: Who’s behind it all?

In the past few months, Twitter has grown rapidly. In terms of U.S. visitors, Compete has seen Twitter traffic nearly double from February to April, currently attracting nearly 1.2 million people per month.

twitter.com traffic - daily attention

グラフを見ると、なにやらギザギザしている。これには理由があるようだ。

  • Twitter is a weekday event – While its difficult to tell in the chart above, the valleys in the chart below coincide with the weekend, while the peaks represent weekdays. On any typical weekday, Twitter is receiving more than twice the attention as a weekend day.


  • つまり、Twitterは平日のトラフィックが週末よりも2倍多いのだという。これは面白い。平日の昼間、あるいは夜に机に向かっているユーザが多いということだ。学生はもちろんのこと、もしかしたらサラリーマンの中にも案外利用者は多いのかもしれない。実際、こんな分析がある。

    ... This could indicate that while the younger segments are more exploratory, the 25-44 year old segments have found more value in Twitter and started to ramp up usage.

    つまり、若年層のユーザが拡大する一方、25-44才のユーザも伸びているとのこと。



    何年か前に「ペタろう」が流行ったように、Twitterは案外日本のオフィスでも流行るかもしれない。


    FacebookのOpen Social戦略が岐路に [ネット]

    Facebookは自らのSNSをプラットフォームと位置づけてAPIを開放し、そのプラットフォーム上で新たな独自のサービスを展開するデベロッパーの活動を推進している。ところがそのデベロッパーの活動が減っているようだ。昨年ぐらいからWebコミュニティを「プラットフォーム」ととらえ、そのコミュニティ上でサービスを提供する業者のモチベーションを高めることで、コミュニティへの参加者にさらなるサービスを提供するというモデルが注目されてきており、その代表格がFacebookだったわけだが、ここへきて風向きが変わってきた印象だ。

    引用: Facebook’s platform issues: Less developer activity, slower app growth

    6farmer050608 The number of posts, signups, comment threads, active users, and highly active users on Facebook’s official developers’ forum have all fallen by between 25-50 percent from January to April, according to a detailed report put together by prominent Facebook developer Jesse Farmer. So has the usage of those applications.

    要約すると、FacebookのOfficial Developer Forumのアクティブユーザが1月から4月の3ヶ月間の間に25~50%下がり、それに伴いこれらアプリケーションの使用率も下がっているようだ。Open Socialは昨年暮れぐらいから騒がれたコンセプトで、SNSを「プラットフォーム」とみなし、APIを開放することで、その上で動くアプリを誰でも作れますよ、という考え方だったと理解している(Open Socialについての参考記事)。その代表格がFacebookだったわけだが、開発者によるアクセスが減っているとはどういうことか。



    Facebook has decreased its direct participation in the developer community, Farmer points out. And its application policies increasingly restrict how applications can do things like message users, something that has been happening since the platform launched, but that has grown more restrictive in recent months. Proposed profile interface changes would also give users decreased application access.

    Farmer氏によると、FacebookがDeveloperに対するアプリの制約を増やしていることが原因と考えている模様で、たとえば、"Profile"の画面のインタフェースに制約を課すことで、ユーザーがアプリ離れを起こしているという。

    Competition within the Facebook developer community has also led to mergers and acquisitions among the largest developers, especially deals done by social gaming sites Zynga and Social Gaming Network Among other things, the leading application companies, which include Slide, Rockyou, iLike, and Flixster are able to use their sheer number of active users to advertise new applications and new features. Consolidated, powerful companies kill the little guys on Facebook, just like what happens in the corporate world.

    Developter同士が合併することで、Developerそのものの数が減っているという話もありそうだ。特にゲーム系の会社で多いらしい。特定プラットフォームの上で事業を行うのも楽ではないようで、プラットフォームそのものが成長していかなければ、その上で事業を行うもの同士の淘汰が起こってしまうということか。

    At the same time, platforms on rival social networks including MySpace, hi5, Friendster and Bebo have been attracting developers.

    しかしながら、MySpaceをはじめとする他のプラットフォームではDeveloperが増えているようだ。つまり、Facebookの開発者が、何らかの理由でFacebookから他のプラットフォームへ移ってしまったということか。

    In some sense, then, the promise of the Open Social standard — that everyone but Facebook is trying to make itself compliant with — may be coming true. Open Social is a set of standards that could one day let application developers create a single application that can be implemented across any Open Social “container” social network. It’s all still a work in progress, but the key thing is that Facebook mobilized its largest competitors to emulate it, to compete through offering their own developer platforms. So the competition that Facebook inspired is now having an effect.

    OpenSosialの目的は、どこかのプラットフォーム上で動くアプリを作れば、そのアプリが他のプラットフォームでも動くような世界を目指したらしい。プラットフォームに依存しない、あらゆるSNSユーザをターゲットにできる魅力の下にDeveloperが集まったわけだ。



    しかし、Farmer氏によれば、Developer集めで先行したFacebookは、先行者としての地位を利用してユーザインタフェース等についてスタンダードを課すことで、OpenSocialの方向性についてFacebookに都合がいいように影響を及ぼそうとしているという。競合する他のSNSはFacebookと同じようなユーザインタフェースを採用することとなり、事実上、Facebookが米国SNSのデファクトスタンダードになる可能性がある。Developerらはそれを嫌って、他のプラットフォームに移っている、というようなことらしい。Farmer氏の説が正しいとすると、OpenSocialの行方に暗雲が立ち込めたということか。



    ただし、今のところFacebook自身がどのように考えているかは定かではないため、Farmer氏の憶測の域を出ていない。



    標準化というのは綺麗ごとではすまない。通信でも半導体でも標準化においては少しでも自社に有利になるよう熾烈な戦いが繰り広げられるものだ。Open Socialにも紆余曲折があるということのようだ。


    この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

    ×

    この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。