So-net無料ブログ作成
エマージング市場 ブログトップ

インドのアメリカ人 [エマージング市場]

このブログでもたびたび中国やインドを紹介してきた。どちらも将来の巨人として米国VC業界でも注目を集めている。今日はインドでVCファンドを立ち上げようとしているアメリカ人に会ったが、興味深かったので彼との話のさわりだけ。



彼によると、



  • インドでは英語を話す人の比率が30%。インドの人口を考えると英語を話す人数はアメリカ人よりも多くなる。なんとインドは世界最大の英語圏だった。
  • 外国人にも門戸が開かれており、アメリカ人でもインドで仕事が出来そうな気がしている。(翻って日本では英語が通じないので行く気がしない、、、残念ながら)
  • 雇用コストがアメリカの数分の一。インドの労力を有効に使えばローリスクでビジネスが出来る。
  • インドはBRIC諸国の中でももっとも法治国家としての体制が整っている。知的財産に対する保護も厚い。


などなど、魅力的な面が多いようだ。



一方で、カースト制度に端を発する階層の断絶と非効率性、民主主義と言う名の元で延々と議論を続けて物事が決まらないことなど、負の側面も併せ持つ。そうした負の側面をうまく抑えて有利な点だけを活用できた人だけが大成功するのだろう。



インドで活動するVCはまだそれ程多くないようだが、現在ファンドを立ち上げようとしている人の数は多い。ここ数年のうちにバブルの真っ最中の中国のように大きな資金が流れ込む可能性は高いと見ている。



日本はどうか。日本はそこそこ国内市場が大きいだけに、ベンチャー企業が敢えて海外に出て行く必要はないのだろうが、せっかく高品質なものを持っているのだから日本の中にいるだけではもったいない、と思うのだが。


中国に流れるVCマネー [エマージング市場]

中国に流れるマネーが止まらない。
不動産投資のお金ではない。ベンチャー企業に投資するVCマネーだ。



米国のVC業界誌が報じたところでは、米国系の一流VCがこぞって中国に投資するVCファンドを集めているという。ざっと数えると、約30ファンド、50億ドル弱もある。数字が非公開となっている分もかなりあるので、実際にはさらに数億ドルぐらい上乗せされそうな様子だ。最近は円安なので1ドル=120円としてこの数字を換算すると、50億ドルは6千億円になる。この金額を3年間で投資すると仮定して、1年あたり約2千億円の資金が中国国内のベンチャー企業投資に振り向けられることとなる。
まだ資金を募集している段階なので実際にこれだけの資金が集まるかどうかはわからないが、中国VC市場がウン千億円規模にまで一気に成長しつつあることは確かなようだ。



ちなみに、アメリカで1年間に投資されるVCマネーの総額は約2兆円、IPO景気に沸く日本ですら年間2千億円ぐらいと聞いている。VC投資マネーに関する限り、中国は日本を射程内に捕らえつつあるようだ。



この巨額マネー、最終的にはいったいどこへ行くのでしょう?


インドと日本の関係 [エマージング市場]

ある企業の会社方針説明会に参加した。同業者であるベンチャーキャピタリストやアナリストらが多数参加しており、ネットワーキングのいい機会だった。



その中で、インド出身の半導体業界アナリストと親しくなった。彼は日本映画(黒澤監督、北野監督、などなど)の大ファンで、日本の文化的、思想的背景にも詳しく、物腰の柔らかい紳士であった。



半導体業界の将来や注目技術について意見交換した後、日本とインドの関係について話が及んだ。そんな彼の助言。



  • インドも日本も同じアジアの国。風土や宗教は違うが、東洋と西洋程には差がないはずで、根底では分かり合えるものがあると思う。
  • インドの特徴は、エマージング国でありながら、法治国家であること。法律が完備し、それを守る風土があるのはビジネスにとってとても重要ははずだ。
  • インドは中国のような「製造拠点」にはなれないが、「設計拠点」としての存在意義は高い。ソフトウェアだけでなく、半導体やその他の分野でも設計工程をインドで行うビジネスはさらに増えると思う。
  • 日本企業の中には生産拠点をインドに設置する企業も出てきた。今後、こうした流れがもっと大きくなっていくのかもしれない。
  • そうはいっても、日本とインドはまだまだ遠い国。日本からインドへの積極的な投資を歓迎したい。
  • 日本とインドは歴史的にほとんど直接的な接点がなかったので、両国の間を取り持つ人材が少ないのが現状だ。お互い、そうした架け橋になろうではないか。


これからこの分野に着目していくつもりです。請うご期待。


中国とインド [エマージング市場]

アメリカVC業界で話題になっていることと言えば中国とインド。
本社をシリコンバレーにおいて資金を集め、開発はインド、製造は中国というのが珍しくなくなった。投資家の間で読まれるメディアでは、如何に中国やインドに関っていくかが特集されることが多くなった。
最近Business Weekに掲載された注目すべき数字を紹介しよう。



<世界のGDP比率>
2004年: 米28% 欧34% 日12% 中 4% 印 2%
2025年: 米27% 欧25% 日 7% 中15% 印 5%
2050年: 米26% 欧15% 日 4% 中28% 印17%



見方は簡単、世界全体のGDPに対して各国がいくらの割合を占めるかをあらわしたものだ。この数字は多くの点で興味深く、また疑問でもある。



  • アメリカは今後50年間変わらず現在の強さを維持できるか?
  • 欧州はジリ貧なの?
  • 日本の比率が50年後には現在の1/3になってしまう?
  • 50年後には北京に国連本部ができる?
  • 50年後にはインドが欧州全体よりも大きくなる?


20年後なんてすぐやってくる。中国人やインド人の勢いを目の当たりにすると、待ったなしだとしみじみ思う。


エマージング市場 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。